メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

八村に指揮官「全てのプレーが通用する」 NBAサマーリーグ(スポニチ)

[PR]

 NBAサマーリーグは13日(日本時間14日)、米ラスベガスで行われ、ウィザーズの八村塁(21)は休養のためニックスとの敗者戦を欠場し、全日程を終えた。3試合に出場したドラフト1巡目指名ルーキーは成長を実感した様子で、コーチも10月のレギュラーシーズン開幕戦出場に期待を寄せた。八村は今週中にも帰国し、日本代表としてW杯(8月31日開幕、中国)を目指す。

 予選2勝2敗で準々決勝を逃したウィザーズは、最終戦で八村に休養を与えた。Tシャツ姿でベンチから声援を送った八村は「コートでもコート外でもプロとしてどうやっていくかを学べたんじゃないか」と10日間を振り返り、「サマーリーグで成長できた?やっぱりできましたね」と答えた。

 試合ごとにパフォーマンスを上げた。3試合に先発し、1試合平均19・3得点7リバウンド。サマーリーグを指揮したロバート・パック・コーチは「とても満足している。(9月下旬からの)トレーニングキャンプが楽しみだ」と評価し、「とてもプロフェッショナル」「分からないことがあると質問するポジティブな姿勢」「若くして多くを背負ってもプレッシャーに負けなかった」と絶賛した。

 さらに、開幕戦について「キャンプ次第」とした上で「彼はこのチームの重要な一部。(スコット・ブルックス)ヘッドコーチは、彼が何ができるか見極めようとしている」とスタメンの可能性も示唆。「全てのプレーがNBAで通用する」と言い切り、「個人的にはディフェンスが目立った。相手やディフェンスのシステムを知らないのにもかかわらずだ」と付け加えた。

 八村はキャンプの話題になると、自ら「その前にW杯がある」と切り出した。シーズン前のアピールも大事だが、八村にとっては米国など世界と戦う舞台も魅力。今年のサマーリーグには自身を含め4人の日本人が参戦しており、「そういう人たちと(日本へ)帰ってやるのは凄く楽しみ」と声を弾ませた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです