メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ハンズオフ運転が可能な「プロパイロット2.0」搭載車がついに登場! 大幅進化を遂げた新型スカイラインの衝撃

情報提供:カートップ

ハンズオフ運転が可能な「プロパイロット2.0」搭載車がついに登場! 大幅進化を遂げた新型スカイラインの衝撃

400馬力を実現する3リッターV6ツインターボエンジンも追加!

 日産自動車は2019年7月16日(火)、先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型「スカイライン」を発表した。2019年9月から発売を開始する。報道発表会には日産自動車副社長の星野朝子氏、中畔邦雄氏、そして開発を担当したチーフビークルエンジニアの徳岡茂利氏が登壇。新型スカイラインの魅力をプレゼンテーションした。

スカイライン

 星野氏は「日産自動車はこれまでさまざまなチャレンジを続けてきました。世の中にはないクルマや世界初の新技術を生み出し、そしていち早く世の中へ送り出して時代を作り、切り開いてきました。スカイラインは長い日産の歴史を象徴するモデルです。これまで国内で累計300万台以上のスカイラインが販売され、現在約20万台が走っています。今年で62年目となり、日産の歴史の中で一番歴史の古い車となりました。スカイラインは日産のものづくりに対するプライドが込められています。そして、なによりも日本のスカイラインを愛する多くのお客さまに支えられてきました」とコメント。

スカイライン

 中畔氏は「日産のエンジニアにとって、スカイラインは技術に挑み続ける特別なクルマです。歴代のスカイラインは、すべてのモデルでその時代における日産の最新技術を投入してきました。もちろん、走る・曲がる・止まるという基本性能はアップデートし続け、最高のドライビングフィールを提供してきました。だからこそ、日本の自動車市場においてトップランナーとして走り続けることができました」とスカイラインへの思いを語った。

スカイライン

 また、ゲストとして日本フェンシング協会会長で、先日、日産エキサイトメントアンバサダーに就任した元フェンシング日本代表の太田雄貴さんも来場。いち早くプロパイロット2.0を体感し、「道路の上に線路があるかのように走るのは感動的だった。この技術は何年もの積み重ねによって完成したものなのだ、というのを試乗しながら感じました」と驚きの表情を見せた。

スカイライン

 1957年の初代誕生から62年を迎えたスカイラインは、日産を代表するプレミアムセダンだ。これまでのスカイラインは「技術の日産の象徴」であり、「挑戦の歴史」と言って良い。

 ターゲット層は「前向きにアクティブに人生を楽しむクルマ好き」に設定された。新しいモノやコトを知ることに刺激を感じ、感度が高い人や、何事も前向きに追求したい人などを対象としている。

スカイライン

 新モデルのハイブリッド車専用に、プロパイロット2.0を標準装備した。この機能では、ナビゲーションシステムで目的地を設定し高速道路の本線に合流すると、ナビ連動ルート走行を開始。ドライバーが常に前方に注意し、ステアリング操作が確実にできる状況下では、同一車線内でのハンズオフ運転を可能とした。

 またナビゲーションと周囲の360度のセンシング情報に基づいて、ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切なタイミングをシステムが判断し、ドライバーに提案する。

 ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始。車線変更や追い越し、走行車線への復帰もスムースに行う。

スカイライン

 ガソリン車には新たに3.0リッターV6ツインターボエンジンを採用し、スカイライン史上最高の400馬力を実現した400Rもラインアップ。これにより、プレミアムスポーツセダンとしての運転の楽しさと圧倒的な走行性能の高さを追求する。

スカイライン

 ドライバーはさまざまな走行シーンにおいて、アクセルを踏んだ瞬間から力強い加速を味わうことができ、スカイラインならではの走りのダイナミズムと操る喜びを体感できる。

スカイライン

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  3. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  4. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです