メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スミレの香り

/52 馳星周 画 田中靖夫

 その視線の圧力に負けて、わたしは空を見上げた。

 息を飲んだ。

 これまた無数の星が瞬いている。恐ろしいほどの数の星だ。一瞬でも気を抜けば、星空がそのまま落ちてくる。そんな錯覚さえ覚えた。こんな星空は見たことがない。

 辺りに人工の光は一切ない。この日は月もなかった。それゆえの星空だった。

 空には無数のきらめく星。地上には無数の光る目。

 異界に迷い込んでしまったような気持ちだったが、感動を覚えてもいた。呆然(ぼうぜん)と立ち尽くしたま…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです