メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トレンドに迫る

注目の女性落語家 「負けてたまるか」磨く芸

ポーズを取る落語家の林家つる子さん=東京都台東区で2019年7月8日、宮武祐希撮影

 空前の落語ブームの中、若手女性落語家の活躍が目立つようになっている。「女子会」と称して出演者が女性だけの落語会が開かれるなど、男社会とされてきた噺家(はなしか)の世界では考えられなかった試みも見られる。江戸と上方落語界の注目株3人の素顔に迫った。

 5月、令和初の真打ち昇進を果たした三遊亭藍馬は2児の母でもある。「家では髪を振り乱して子育てをしています。失敗も含めてすべての経験がいつか落語に生きると信じながら」と語る。

 高校生の時に落語に夢中になった。美容師だった母親の影響で卒業後は働きながら美容師資格を取得したが夢…

この記事は有料記事です。

残り1541文字(全文1802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです