メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

北村有起哉 おやじの宝大切に 「牡丹燈籠」伴蔵役

父の和夫さんの当たり役、「牡丹燈籠」の伴蔵を演じる北村有起哉さん=東京都千代田区で2019年6月6日、梅村直承撮影

 演劇から映像まで、広く自在な活躍をしている。19日から24日まで東京・三越劇場の三遊亭円朝作の落語を原作にした「怪談 牡丹(ぼたん)燈籠(どうろう)」で伴蔵に初挑戦する。

 名優であった父、北村和夫が、所属する文学座の舞台で杉村春子のお峰とのコンビでならした役だ。

 「1年以上前に、録画してあった文学座の『牡丹燈籠』の映像を見て、改めてすごい2人だったんだなあと思いました。伝統芸能の俳優ではないので、今回のお話が来たときは本当にびっくりし、不思議な縁を感じました」

 文学座版は大西信行脚本だが、今回は日本舞踊家で宗家藤間流の藤間勘十郎が上演台本と演出を担当する。「…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです