メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ジョコビッチ、死闘制す

ウィンブルドン男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーを破り優勝したノバク・ジョコビッチ=ロイター

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第1シードで32歳のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードで37歳のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、1-6、7-6、4-6、13-12のフルセットの末に破り、2年連続5回目の優勝を果たした。最終セットはタイブレークにもつれ込み、約5時間の激闘となった。

 ジョコビッチの4大大会制覇は今年の全豪オープン以来で、歴代3位の優勝回数も16に伸ばした。優勝賞金…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです