メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
となりのファーマー

/40 浅井農園(奈良県川西町) いきいき苗箱、もっちりご飯

苗箱を持つ浅井さんとスタッフの中野堀さん(右)と竹川さん=奈良県川西町で2019年6月21日、松井宏員撮影

 もみの乾燥や、もみ殻を除いて玄米にするもみすりなどを請け負う浅井農園を奈良県川西町に訪ねた。浅井秀男さん(74)は「ミニライスセンターです」と笑う。

 取材に伺った6月下旬、周囲の田んぼでは植えられたばかりの早苗が揺れていたが、浅井農園では田植えの最終日。2・5ヘクタールの田んぼを2週間がかりなんだそうだ。スタッフ4、5人が交代で手伝い、この日は中野堀忠司さん(72)と竹川佳秀さん(68)の番だった。

 「うちが一番遅い。苗の販売もしてるので先に配達せなあかんし、頼まれたら田植えにも行く。今年は60ア…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです