メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国 投資攻勢の反動 成長率最低 世界経済の先行きにも深刻な影

中国経済の動きは?

 世界第2位の規模を持つ中国経済が、内憂外患にあえいでいる。米国との貿易戦争の長期化に加え、堅調だった内需や金融システムのほころびも表面化。4~6月期の成長率は現行統計開始以来の最低水準に落ち込んだ。長引く景気減速は、日本など世界の経済の先行きにも深刻な影を落としている。【北京・赤間清広】

 「俺の預金は大丈夫なのか」「先日、購入した10万元(約160万円)の金融商品はどうなるんだ」

 5月24日、内モンゴル自治区に本店を置く地方銀行「包商銀行」は混乱に包まれた。中国人民銀行(中央銀…

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです