メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

財政出動 見えぬ効果 中国経済の減速基調、鮮明に

北京市内にある包商銀行の店舗。公的管理発表後も通常通り窓口業務が行われていた=北京市内で2019年7月9日午後、赤間清広撮影

 中国国家統計局が15日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.2%増だった。「海外の不確実性は高まっており、経済は新たな下方圧力に直面している」。国家統計局の毛盛勇報道官は15日の記者会見で率直にこう認めた。

 内外からのダブルパンチにさらされて中国経済の減速基調が鮮明になる中、中国政府は景気腰折れを避けるため、再び財政拡張と投資の容認にかじを切っている。今年3月には、2兆元(約32兆円)規模の大規模減税を表明。さらに地方政府にインフラ投資の原資となる地方債の発行拡大を、金融機関には地方債の受け入れを強く迫り、投資の拡大を促した。市場では「経済の減速がはっきりとしたことで、中国政府は景気安定に向け本腰を入れざるを得…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文840文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです