メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国経済失速 日本企業に深刻な影響 米中貿易戦争再燃の懸念も拭えず

中国の景気減速に伴う日本企業への影響

 中国経済の失速は、世界経済にとっても重大なリスクとなりつつある。「一時休戦」状態にある米中貿易戦争が再燃する懸念は拭えず、各国政府が描く「年後半から来年にかけ回復に向かう」という基本シナリオが崩れる恐れもある。

 日本の5月の対中輸出は前年同月に比べ9.7%減の1兆1484億円と3カ月連続で減少した。特に、半導体などの製造装置、金属加工機械はともに約3割減と大幅な落ち込みが目立った。米国が中国への制裁関税を強化したことで、中国から米国への電子機器やIT関連製品の輸出が低迷し、そのあおりが日本を直撃した形だ。

 対中輸出の急減は、同国とのビジネスで業績を拡大してきた企業に深刻な打撃を与えている。半導体製造装置…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文750文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです