メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

台湾総統選 2大政党候補固まる 無所属出馬で混戦も 対中姿勢が勝敗カギ

台湾の野党・国民党の総統選予備選で韓国瑜・高雄市長が勝利し、似顔絵を手に喜ぶ支持者たち=台北で15日、AP

  来年1月11日にある台湾総統選で対中融和路線を取る野党・国民党の予備選は15日、韓国瑜(かんこくゆ)・高雄市長(62)が勝利した。独立志向がある与党・民進党は蔡英文(さいえいぶん)総統(62)が再選を目指して出馬する。2大政党の候補が固まったことで総統選の戦いが本格化する。無所属候補も出馬を検討しており、混戦となる可能性もある。一方、台湾統一を目指す中国の習近平指導部は、韓氏ら中国に融和的な政治家が総統になり、中台の一体化が進む結果を期待している。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1302文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです