メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人選手 新型コロナ感染の疑い

江戸時代から続く風物詩 手延べそうめん作りが最盛期 愛知・安城

 江戸時代から続く愛知県安城市の手延べそうめん作りが最盛期を迎えている。

 食料不足に苦しんだ農家の副業として始まったという。同市和泉町の「間杉手延製麺所」では未明から作業が始まり、温度と湿度を調整しながら、竹の棒を使って麺を直径約0.7ミリ、長さ3.6メートルになるまで延ばしていく。

 延ばした麺を天日干しで湿った南風にあて…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです