江戸時代から続く風物詩 手延べそうめん作りが最盛期 愛知・安城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 江戸時代から続く愛知県安城市の手延べそうめん作りが最盛期を迎えている。

 食料不足に苦しんだ農家の副業として始まったという。同市和泉町の「間杉手延製麺所」では未明から作業が始まり、温度と湿度を調整しながら、竹の棒を使って麺を直径約0.7ミリ、長さ3.6メートルになるまで延ばしていく。

 延ばした麺を天日干しで湿った南風にあて…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文261文字)

あわせて読みたい

注目の特集