メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳世界選手権水球男子 1次リーグ初戦はドイツと引き分け

水球男子予選の第3ピリオド、ドイツの選手と競り合う大川慶悟(左)=韓国・光州で2019年7月15日、宮武祐希撮影

 水泳世界選手権の第4日は15日、韓国・光州で行われ、水球男子1次リーグD組で日本はドイツとの初戦に臨み、9―9で引き分けた。

 勝利目前の残り4秒だった。ゴール正面から放たれたドイツのシュートは日本のゴールネットを揺らし、引き分けに終わった。大本洋嗣監督は「勝負の女神はまだ欧州の強豪に勝つには、もう一つ何か足りないんじゃないかと言っているような気がした」と唇をかみしめた。

 8―8で最終の第4ピリオドを迎えた。一進一退の攻防の末、勝ち越したのは日本。こぼれ球をつないで最後…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです