メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

水泳世界選手権水球男子 1次リーグ初戦はドイツと引き分け

水球男子予選の第3ピリオド、ドイツの選手と競り合う大川慶悟(左)=韓国・光州で2019年7月15日、宮武祐希撮影

 水泳世界選手権の第4日は15日、韓国・光州で行われ、水球男子1次リーグD組で日本はドイツとの初戦に臨み、9―9で引き分けた。

 勝利目前の残り4秒だった。ゴール正面から放たれたドイツのシュートは日本のゴールネットを揺らし、引き分けに終わった。大本洋嗣監督は「勝負の女神はまだ欧州の強豪に勝つには、もう一つ何か足りないんじゃないかと言っているような気がした」と唇をかみしめた。

 8―8で最終の第4ピリオドを迎えた。一進一退の攻防の末、勝ち越したのは日本。こぼれ球をつないで最後…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文469文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです