メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

怪力を誇る錦木破り7勝目 初めての勝ち越しに王手

錦木(左)を寄り切りで破る炎鵬=ドルフィンズアリーナで2019年7月16日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所10日目の16日、炎鵬(24)が怪力を誇る錦木(28)を破って7勝目を挙げ、幕内2場所目で初めての勝ち越しに王手をかけた。

 立ち合いから頭を下げて錦木の懐に入った。差した左を抱えられる体勢に「首が折れるかと思った。半分捨て身で(左を)抜いた」と必死にふりほどくと、「止まったら負け。…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです