メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク視界不良 救援陣に不安 新人・甲斐野崩れる 内川けがか

○日本ハム3―2ソフトバンク●(16日・ヤフオクドーム)

 首位を走るソフトバンクを支えてきた新人右腕は、制球に苦しんでいた。同点の九回、抑えの甲斐野は4四死球を与え、勝ち越し点を許した。チームは11カードぶりの負け越し。投手陣のほころびが目立ち、前半戦終了時点で7ゲームあった2位・日本ハムとのゲーム差は5に縮まった。

 4番手で救援した甲斐野は九回、先頭の中田を歩かせると、続く渡辺の初球に死球。犠打と申告敬遠などで2…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文565文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです