メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『新・ワーママ入門』『なぜ共働きも専業もしんどいのか』

◆『自分らしい働き方・育て方が見つかる 新・ワーママ入門』堀江敦子・著(ディスカヴァー・トゥエンティワン/税別1500円)

◆『なぜ共働きも専業もしんどいのか 主婦がいないと回らない構造』中野円佳・著(PHP新書/税別880円)

 ワンオペ育児が流行語大賞にノミネートされたのが平成29年。そして令和元年の話題は「男性育休義務化」。だが、正社員の女性の7割が第1子出産後も働き続けるようになったというのに、昨年度の男性の育休取得率はわずか6.16%。「子どもを生んでも、本当に仕事を続けられるか?」「子どものそばにいたくて主婦になったけれど、今のままでいいの?」など、女性の悩みは深くなるばかり。

 そんな中、友人の書いたブログ記事「男子大学生のシッターに、週1の子育てと家事を頼んだ。そうしたら人生が変わった」が話題になった。どうせ料理などできないと「“男子大学生”を見くびっていた」と彼女は書いている。しかし「松田くん」の登場で彼女の価値観は変わった。「『両立』に悩むのは女だけではない。もう、とっくにそんな時代は終わったのだ、ということを、私は夫や松田くんから教わった」。松田くんはスリールと…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  2. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  3. 「びっくりした」 おぎやはぎの小木さんが初期の腎細胞がんで一時休養を発表

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです