メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『めぐりながれるものの人類学』石井美保・著

すぐに答えを求めず 待つこと、聴くこと

◆『めぐりながれるものの人類学』石井美保・著(青土社/税別1900円)

 日々は流転しているので、ある地点や瞬間を書き留める時に、その体はどこかしら無理をしている。目の前で起きていることと頭の中の思索をそのまま混ぜ込んだらどんな文章が生まれるのだろうと、毎日のように思うのだが、なかなかできそうにない。その混ぜこぜを実現させたのがこの本、なのかもしれない。

 タンザニア、ガーナ、インドなどで調査を行ってきた文化人類学者は、長期のフィールドワークの間、生活の…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです