メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『めぐりながれるものの人類学』石井美保・著

◆『めぐりながれるものの人類学』石井美保・著(青土社/税別1900円)

 日々は流転しているので、ある地点や瞬間を書き留める時に、その体はどこかしら無理をしている。目の前で起きていることと頭の中の思索をそのまま混ぜ込んだらどんな文章が生まれるのだろうと、毎日のように思うのだが、なかなかできそうにない。その混ぜこぜを実現させたのがこの本、なのかもしれない。

 タンザニア、ガーナ、インドなどで調査を行ってきた文化人類学者は、長期のフィールドワークの間、生活の中心を占めるのは「待つこと、そして聴くこと」とこたえる。出会い、通過していく、「霊媒」のような役割を果たしてきた。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです