メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

暗号解読の英数学者チューリング、新50ポンド紙幣の肖像に

 英国の新たな50ポンド紙幣の肖像に、第2次世界大戦中にナチス・ドイツの暗号解読に貢献した数学者のアラン・チューリングが採用される。写真は紙幣のデザイン(2019年 ロイター/Andrew Yates)

[PR]

 [マンチェスター(英国) 15日 ロイター] - 英国の新たな50ポンド紙幣の肖像に、第2次世界大戦中にナチス・ドイツの暗号解読に貢献した数学者のアラン・チューリングが採用される。英国の中央銀行であるイングランド銀行が15日に発表した。

     イングランド銀行のカーニー総裁は「コンピューター・サイエンスと人工知能(AI)の父で戦争の英雄でもあるアラン・チューリングの貢献は、広範囲にわたり画期的だった」とした。新紙幣は2021年末までに流通する見通し。

     ナチス・ドイツの暗号通信「エニグマ」の解読は、連合国の第2次世界大戦勝利につながった。チューリングの功績は、戦争の終結を早め、多くの人命を救ったとして高い評価を得ている。

     しかしチューリングは1952年に同性愛行為により有罪となり、職を失い化学的去勢を受けた。英国では1967年まで同性愛行為は違法だった。その後、チューリングは1954年に41歳で自殺。2013年にはエリザベス女王から恩赦が与えられた。

     2014年にはチューリングの生涯を描いた映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」が公開され、ベネディクト・カンバーバッチがチューリングを演じた。同作は米アカデミー賞で脚色賞を受賞した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

    4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

    5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです