メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

欧州委員長後任を承認 フォンデアライエン氏

 欧州連合(EU)の欧州議会(定数751議席)は16日夜(日本時間17日未明)、フランス北東部ストラスブールで本会議を開き、秋に退任するユンケル欧州委員長(64)の後任として、ドイツのフォンデアライエン国防相(60)を賛成多数で承認した。女性初の欧州委員長として、英国のEU離脱期限の翌日となる今年11月1日に就任する。任期は5年。統一後のドイツ出身者としても初の欧州委員長となる。

 ただ、賛成は欠員を除く過半数(374)をわずかに上回る383で、議会の安定運営の目安とされる400に届かなかった。フォンデアライエン氏は今月初めのEU首脳会議で欧州委員長候補に指名されたが、その「密室選考」への不満が噴出。この日も議席の3分の2を占める親EU会派が割れ、不安含みの船出となる。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです