メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜

モンゴルに巣密集地 アジア最大、集団で子育て?

研究チームがモンゴルのゴビ砂漠東部で発見した恐竜の集団営巣地の跡=2014年8月、筑波大提供

 筑波大と北海道大などの研究チームは、モンゴルのゴビ砂漠で、テリジノサウルス類とみられる恐竜が集まって産卵した「集団営巣地」の跡を発見したと発表した。約300平方メートルの範囲に幅1メートルほどの巣の化石が少なくとも15個見つかり、アジア最大規模という。

 研究チームは2011~18年、ゴビ砂漠の東部を調査し、白亜紀後…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです