メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代の人々は複数で五七五、七七を36句まで付け合う俳諧をたしなんだ。俳諧師を迎え座を巻いて教えてもらう。寺子屋の同窓会・筆子中が師を招いて俳諧を巻くこともあった。俳諧師は都会の裕福な商人から村の農民に至るまで、指導して生活していた。

 師について和歌を作る商人の女性たちも珍しくなかった。時間とお金がある人たちは、女性同士、歌を作る旅に出て記録を残している。江戸では狂歌(和歌のパロディー)が流行して、いくつもの狂歌連ができていた。つまり江戸時代の人々は日常生活で詩人だったということだ。五七五の短型はちょっとした時間の隙間(すきま)で作ることができる。働くことと創造することが両立するのである。

 私も時々は江戸人のその日常を味わうことがある。以前にもご案内した「イシス編集学校」は、古今東西にわ…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです