メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニメの街

戦国時代 若者・訪日客呼ぶ観光資源 東京・豊島、練馬、杉並「うちこそ本家」

週末になると若い女性が集まる池袋駅東口の通称「乙女ロード」=東京都豊島区で

 東京都内の豊島、練馬、杉並の3区が「アニメのまち」を打ち出し、競い合っている。協力してアニメを地域ブランドにしようという試みもあるが、「うちこそ本家」との思いから容易ではない。若者や外国人観光客を引き寄せるアニメは、街おこしには格好のコンテンツ。“東京アニメ戦争”の実情を探った。【日野行介】

 豊島区の池袋駅東口にある「乙女ロード」は週末、アニメやコスプレ愛好家でにぎわっていた。付近にはグッズ専門店「アニメイト」や「らしんばん」本店が並び、外国人観光客も。花びらが舞う池袋の空を少女が浮遊するPRアニメを共同製作したのは今年1月。旧庁舎跡地に建設中の「Hareza池袋」の11月開業に合わせ、「としま国際マンガ・アニメ祭」(仮称)の開催も決めた。手塚治虫、赤塚不二夫ら巨匠が若…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです