メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニュース&トピックス

チェンバロ・濱田あやが 自然を奏でる可憐な音色

大阪でリサイタルを開くチェンバロ奏者の濱田あや=大阪市北区で、倉田陶子撮影

 兵庫県芦屋市出身で米国を拠点に活動するチェンバロ奏者の濱田あやが20日、あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪市北区)でリサイタル「花鳥風月~The Beauty of Nature~」を開く。

 「自然をメインテーマに、ストーリー展開を考えた」というプログラム。チェンバロが弾かれていた18世紀の作品が中心だ。クープラン「恋の夜鳴きウグイス」「森の精」やラモー「鳥のさえずり」「西風とバラのための快活なエール」など、「当時の作品にはかわいらしく想像をかき立てるタイトルが多い。そこにチェンバロの音色が加わることで、鳥の羽…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです