メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

候補者を追って/上 大沼瑞穂氏 全開「山形ラリー」 県内疾走、重鎮も続々来援 /山形

小泉進次郎衆院議員(左)の応援を受ける大沼瑞穂氏=山形市で

 8日午後6時47分、秋田、岩手との県境に近い金山町の個人演説会場であいさつを終えるや否や、自民現職の大沼瑞穂氏(40)は自動車に乗り込んだ。午後8時までに鮭川村と戸沢村、新庄市をはしごする。大沼氏の後に応援弁士を務めた自民の岸田文雄政調会長も10分後、鮭川村へ向かった。夕映えのする緑の田園地帯を疾走する岸田氏を乗せた車を追って鮭川村の会場に着くと、大沼氏は演説を終え戸沢村へ向かった後だった。午後7時半直前に新庄市の会場に到着した大沼氏は演説終了後、会場出口に先回りし、支援者約500人を握手で見送った。

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです