メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 渡辺明王将-木村一基九段 第3局の7

渡辺が初戦制す

 図の[後]8五銀は実戦的には嫌らしい手。しかし第1譜で触れた通り、最近の渡辺は薄い玉でのらりくらりと指すのが抜群にうまい。[先]9四歩の突き出しから[先]7五歩は小技がさえている。辛抱疲れした木村は、しゃにむに攻めまくるが、[後]7六香は負けを早めた。

 感想戦では[後]7三桂に代えて[後]8五同銀とし、以下[先]8六歩[後]9四銀[先]7五歩[後]8三銀という変化が指摘された。終盤に入ったと思いきや、中盤に逆行するような手順だ。ただ、渡辺は「長い将棋だが、2枚の持ち角が大きそう」と自信ありげ。それに一度バーストしてしまった木村に、もう一頑張りできたという指摘は酷な気がした。

 A級復帰同士の一戦は渡辺が制した。終了図から[後]8四同飛は[先]9五角で間接王手飛車。飛車が逃げ…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文794文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです