メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

「杏と世界」 /富山

「杏と世界」 蟹江杏・作、求龍堂、3240円

いつしか心が温まる プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 これは、絵本ではなく、蟹江杏(かにえあんず)さんの作品集です。現在41歳の杏さんの、ほぼ20年分の仕事から、代表作199点を収録しています。表紙の絵、少女が大きな花か、光る球を抱えているようにみえます。ページをめくると、この絵には「太陽を抱える」というタイトルが付いていることが分かりました。なんと、大胆かつ愉快な発想でしょう。

 杏さんの制作の方法は種々様々です。目次に沿って並べてみると「版画(ドライポイント)」「キャンバスに…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです