メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
麺食い・列島味便り

群馬豚骨ラーメン 前橋市 元祖の店 スープ改良重ね

やきぶたラーメン(税込み830円)

 群馬は豚飼養頭数全国5位(2017年時点)の養豚県である。豚骨ラーメンといえば博多を思い浮かべるが、群馬には特産の豚を使った豚骨ラーメンがある。その元祖が前橋市下小出町の「博多一番」だ。白濁のスープは豚骨特有の臭みがなく、さらりとした上品な味わい。店内では次々と「替え玉」の声があがる。「辛子野沢菜」やキャベツを加えて、2杯目は味を変えて楽しめる。

 店主の樋口道夫さん(64)は大学卒業後、繊維関係の会社に勤めていたが脱サラし、30歳を過ぎて妻元子…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1215文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです