メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

連立与党VS野党共闘 「友党」に配慮しつつ 各党それぞれの戦い方で /岐阜

 21日投開票の参院選岐阜選挙区(改選数1)は、自民と公明による「連立政権」候補と、立憲、国民、共産、社民の「野党共闘」候補の間で、激しい戦いが繰り広げられている。旧民主党政権時代を除けば、1999年から続く連立関係で与党が「安定性」を打ち出せば、野党は「打倒・安倍政権」を合言葉に支持を訴え、火花を散らす。【岡正勝】

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです