メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ

ブランド豚緊急避難 県、感染拡大で /岐阜

種豚「ボーノブラウン」=岐阜県提供

 県は16日、豚(とん)コレラの感染拡大を受け、種豚「ボーノブラウン」を緊急避難させたと発表した。関市内に来年度末までに完成させる県施設での「繁殖」「再造成」につなげたい考え。

 本巣市の農家が所有する種豚から生まれた後継豚(雄3頭、雌2頭)を、感染リスクが低いと考えられる海津市の県就農支援センターに設けたコンテナ型の隔離豚舎に避難させた。県は今後、10年間で30頭規模、その後5年間で80頭規模の再造成に取り組む方針だ。

 ボーノブラウンは霜降りの割合を増やしたオリジナル豚で県が2009年に開発。「ボーノポーク」「飛騨けんとん・美濃けんとん」など、この種豚を利用した豚肉生産は県全体の約2割を占める。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 羽生善治九段、藤井聡太王位に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです