連載

K原さんちの里山探検

鳥取県南部町で暮らす自然観察指導員の桐原真希さん一家。山陰の生きものたちと里山の暮らしをご紹介します。

連載一覧

K原さんちの里山探検

/26 サワガニ 淡水で一生レア生活 /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハサミの大きなオスのサワガニ=桐原真希さん撮影
ハサミの大きなオスのサワガニ=桐原真希さん撮影

 夏は水辺の生き物観察会が各所でにぎわう季節です。南部町でも、保育園、子ども会などの企画でお声がけいただき、各地域の水路や公園で水棲(すいせい)生物探しをしています。カエルや小魚などさまざまな種類が見つかる中、サワガニもレギュラーメンバーとしてよく見られます。里山で暮らしていると、サワガニは珍しくもない普通のカニと思われるかもしれません。しかし、彼らは地球レベルでかなり珍しい生活をしているカニなのです。

 まずは、世界中で青森から九州までにしか分布していない日本固有種という肩書を持っています。そして、カニの世界ではレア中のレア、一生を淡水で過ごす生き方をしています。多くのカニが海で見られる一方、森林で生きるグループもいます。大移動で有名なクリスマス島(豪州)のクリスマスアカガニや、国内でもアカテガニなど陸生の種類も多数いますが、産卵の時はわざわざ海まで移動して波間で放卵しなければなりません。一度も…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1239文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集