メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都ホテル

民事再生手続き 負債総額は3億4000万円 営業は継続する方針 行橋 /福岡

民事再生手続きを申し立てた京都ホテル

 行橋市宮市町で京都(みやこ)ホテルを経営する「京都館」(資本金5953万円、進昭一社長、従業員約50人)は16日、地裁小倉支部に民事再生手続きを申し立てたと発表した。負債総額は3億4000万円。営業は継続する方針で、申請代理人の河原一雅弁護士は「市内企業の支援を受け、土地、建物を買い取ってもらい債務返済に充てたい」としている。【川上敏文】

 京都ホテルは創業133年。1886(明治19)年3月、現在地で「宿屋 京都館」として営業開始し、1…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです