メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

仮想通貨リブラ、承認まで発行せず FB「当局と協力」

 米上院銀行委員会は16日、米フェイスブック(FB)が来年発行を目指す仮想通貨(暗号資産)「リブラ」を巡る公聴会を開いた。FBでリブラ計画の責任者を務めるデビッド・マーカス氏が出席しマネーロンダリング(資金洗浄)対策や個人情報保護などへの対応方針を示すとともに、「規制上の懸念に完全に対処し、承認を得るまでリブラを発行しない」として、各国当局と協力する意向を示した。

 リブラは世界で20億人を超えるFB利用者を基盤に急速な普及が見込まれる一方、資金洗浄や薬物売買など犯罪に悪用される懸念が出ている。マーカス氏は、「米財務省の金融犯罪取り締まりネットワーク(FinCEN)の監督下に入るなど各国当局の調査・監視に協力する」と関連法令や規制を順守する姿勢を強調した。米国内では個人情報を巡る不祥事が相次いだFBの金融サービス参入を危惧する声が強い。マーカス氏は個人情報の…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです