メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

成長率、最低6.2% 貿易戦争影響 4~6月期

 中国国家統計局が15日発表した2019年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・2%増となり、現行統計と比較可能な1992年以降で最低の水準に落ち込んだ。トランプ米大統領は中国経済の減速を足がかりに対中圧力をさらに強める姿勢を示しており、貿易戦争収束に向けた米中協議にも影響を与える可能性がある。【北京・赤間清広】

 中国の四半期ベースの実質成長率は、リーマン・ショック直後の09年1~3月期に6・4%に落ち込んだ。その後は持ち直したが、18年10~12月期、19年1~3月期と2四半期連続で再び6・4%に減速。今回この水準をさらに下回ったことで、中国政府が今年の成長率目標に掲げる「6~6・5%」の達成にも黄信号がともった。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです