メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

成長率、最低6.2% 貿易戦争影響 4~6月期

 中国国家統計局が15日発表した2019年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6・2%増となり、現行統計と比較可能な1992年以降で最低の水準に落ち込んだ。トランプ米大統領は中国経済の減速を足がかりに対中圧力をさらに強める姿勢を示しており、貿易戦争収束に向けた米中協議にも影響を与える可能性がある。【北京・赤間清広】

 中国の四半期ベースの実質成長率は、リーマン・ショック直後の09年1~3月期に6・4%に落ち込んだ。その後は持ち直したが、18年10~12月期、19年1~3月期と2四半期連続で再び6・4%に減速。今回この水準をさらに下回ったことで、中国政府が今年の成長率目標に掲げる「6~6・5%」の達成にも黄信号がともった。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです