メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工問題

韓国、仲裁委設置を拒否 外交通じ対話探る

 韓国青瓦台(大統領府)高官は16日、元徴用工訴訟を巡り日韓請求権協定に基づく仲裁委員会設置について、回答期限である18日までに文在寅(ムンジェイン)政権の立場は示さず、事実上、設置を受け入れない立場を示すと明らかにした。文大統領は15日、日本による対韓輸出規制強化に対し「圧迫をやめて外交的解決の場に戻ってほしい」と日本に外交協議を提案。しかし、仲裁委を前提としない対話を追求しており、仲裁委の手続きを求める日本とは隔たりがある。

 青瓦台高官は報道陣に「仲裁委は受け入れ不可能という立場か」と聞かれ、「そうだ」と断言。「(日本への)回答は恐らくないと理解している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです