メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

憲法改正を考える

伊勢崎賢治氏

 安倍晋三首相が参院選で憲法改正の是非を争点に掲げた。2年前に表明した「9条への自衛隊明記」を改めて持ち出し、議論する政党か否かを問う構えだ。改憲に前向きな勢力の足並みがそろわないことが背景にある。9条改正をどう考えるべきか、憲法でもっと重要な論点はないのか。与野党の攻防を見つめてきた3人に聞いた。

解釈改憲の矛盾是正を 伊勢崎賢治・東京外語大教授

 安倍晋三首相は改憲案の中で「憲法9条1項、2項を維持して自衛隊を明記する」と主張している。しかし、戦力を保持せず交戦権も認めないとした2項がそのままでは、解釈改憲による矛盾を明文化することにしかならない。自衛隊が直面している現実とのギャップは限界に達しており、一刻の猶予もない。最たるものがアフリカ・ソマリア沖の海賊対処のために派遣されている自衛隊だ。

 日本はジブチに基地を設置して隊員の法的地位を確保するための地位協定を同国との間に結び、軍事過失につ…

この記事は有料記事です。

残り4146文字(全文4547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです