メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
ブレグジット考

「EUプラス1」声一つに 仏独と共に米へ賛同せず マルコム・リフキンド元外相

離脱後も、さまざまな課題で英国とEUが結束した欧州の「声」を上げる重要性を強調するマルコム・リフキンド元英外相=ロンドンで6月

 ◆人々の予想を超えた速さで、欧州連合(EU)各国の指導者たちは「準連邦制」とも言える、より結束した統合を求めた。EUが英国加盟時(当時は欧州共同体、EC)と同じ形であれば、国民投票は行われなかったか、行われても(離脱という)同じ結果にならなかっただろう。英国民は加盟時、欧州内の自由貿易を進める機構、そういった性質のものに参画したと思ったのだから。

 <マルコム・リフキンド氏は1946年生まれ。保守党のメージャー政権(90~97年)で国防相、外相な…

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1814文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです