日銀

市場対話悩む 禁じ手連発でも「対応不十分」 09年1~6月決定会合議事録 西村清彦・元副総裁に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

政策の意味、伝達難しく 西村清彦・元副総裁(政策研究大学院大学特別教授)

 09年当時、日銀副総裁を務めた西村清彦・政策研究大学院大学特別教授に話を聞いた。

    ◇

 --当時の経済状況をどう認識して金融政策に臨みましたか。

 ◆生産活動全般が突然低下し、企業心理が一気に悪化した。市場心理もパニックに近かった。しかも当時の経済状況について情報が必ずしも十分ではなく、目の前にある統計は経済の実態に追いついていなかった。手探りで状況を把握し、的確に対処していく必要があった。

 --社債買い取りなど異例の金融政策を繰り返し、日銀の執行部として葛藤はありましたか。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文610文字)

あわせて読みたい

注目の特集