メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

市場対話悩む 禁じ手連発でも「対応不十分」 09年1~6月決定会合議事録 西村清彦・元副総裁に聞く

政策の意味、伝達難しく 西村清彦・元副総裁(政策研究大学院大学特別教授)

 09年当時、日銀副総裁を務めた西村清彦・政策研究大学院大学特別教授に話を聞いた。

    ◇

 --当時の経済状況をどう認識して金融政策に臨みましたか。

 ◆生産活動全般が突然低下し、企業心理が一気に悪化した。市場心理もパニックに近かった。しかも当時の経済状況について情報が必ずしも十分ではなく、目の前にある統計は経済の実態に追いついていなかった。手探りで状況を把握し、的確に対処していく必要があった。

 --社債買い取りなど異例の金融政策を繰り返し、日銀の執行部として葛藤はありましたか。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文610文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです