メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通商白書

保護主義の高まり懸念 19年版

 世耕弘成経済産業相は16日、2019年版の「通商白書」を閣議に報告した。米国と中国の貿易摩擦に代表される保護主義の高まりに懸念を示し、多角的貿易体制が機能不全に陥りかねないと訴えた。

 白書は、中国政府が補助金や政府系ファンドを通じて、集積回路(IC)などの特定産業を支援していることを取り上げ、市場…

この記事は有料記事です。

残り60文字(全文210文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです