メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

数字に表れない日本農業の特徴=農業ジャーナリスト・青山浩子

 5月、経済協力開発機構(OECD)が、日本の農業政策の現状とあるべき方向性を報告書として発表した。中身は、技術や経営に関するイノベーションを通じた生産性向上に重点がおかれ、これらを担う人材育成の重要性にもふれている。これまでOECDは、市場をゆがめるような農業保護の削減などを各国に提言することが多かった。OECDの貿易・農業局エコノミストの木村伸吾氏は「機構における議論は、中長期的に必要な農業政策は何かという点に焦点が移っている。イノベーション政策は加盟国に共通の政策課題で、中でも人材育成は重要な要素」と話す。

 報告書は、日本の農業系の高校や大学の卒業生の就農率の低さ(各約3%)を指摘している。卒業生の約半数…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文720文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです