メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
自殺対策白書

2万1000人を下回る 清水康之・NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表の話

対策に地域格差

 自殺対策に決定打はなく、地域の実情によって支援の内容は異なる。地域ごとの自殺要因の分析を踏まえて対策を練る必要があるが、2016年に自殺対策基本法改正により地域自殺対策計画の策定が義務化されたにもかかわらず、都道府県単位で進捗(しんちょく)に差がある。市町村には自殺対策に生かせる業務…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです