メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺対策白書

2万1000人を下回る 清水康之・NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表の話

対策に地域格差

 自殺対策に決定打はなく、地域の実情によって支援の内容は異なる。地域ごとの自殺要因の分析を踏まえて対策を練る必要があるが、2016年に自殺対策基本法改正により地域自殺対策計画の策定が義務化されたにもかかわらず、都道府県単位で進捗(しんちょく)に差がある。市町村には自殺対策に生かせる業務…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです