メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

生態解明半ば、ニホンウナギ

 <くらしナビ・環境>

 日本人の食文化に根付くニホンウナギ。しかし、生態は謎だらけで、卵から成体にまで完全養殖できたのは、ほんの10年ほど前のこと。いまだに解明されていないことも多い。完全養殖の最前線と貴重な資源を生かす試みを追った。

 ●研究進む完全養殖

 立ち入りが制限された水産研究・教育機構増養殖研究所南伊豆庁舎(静岡県南伊豆町)の研究棟。整然と並ぶ各20リットルの水槽の中に、「レプトセファルス」と呼ばれるニホンウナギの幼生がいた。長さ2~3センチ、体は透明で目を凝らさないと分からない。

 「一つの水槽に300匹ほど飼育している。この中で稚魚のシラスウナギになるのは約4%。それでも確率は…

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです