メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

琵琶湖、全層循環観測されず 調査以来初 湖底の酸素不足、生態系影響も

 <くらしナビ・環境>

 豊かな生態系を育み、多くの水産物をもたらす琵琶湖で、1979年の調査開始以来、初めての異変が起きている。生き物に必要な酸素を豊富に含んだ表層の水が沈み込み、湖底の水と混ざり合う「全層循環」が今年3月までに観測されなかった。昨夏の高温が原因の一つとされ、地球温暖化との関連も指摘される。

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)は今年4月、観測を続けている琵琶湖北部の水深約90メート…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです