メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

琵琶湖、全層循環観測されず 調査以来初 湖底の酸素不足、生態系影響も

 <くらしナビ・環境>

 豊かな生態系を育み、多くの水産物をもたらす琵琶湖で、1979年の調査開始以来、初めての異変が起きている。生き物に必要な酸素を豊富に含んだ表層の水が沈み込み、湖底の水と混ざり合う「全層循環」が今年3月までに観測されなかった。昨夏の高温が原因の一つとされ、地球温暖化との関連も指摘される。

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)は今年4月、観測を続けている琵琶湖北部の水深約90メートルの「第一湖盆」で異変を察知した。湖底の水の酸素量が、例年の半分程度の1リットル当たり5ミリグラムしかなかった。

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 羽生善治九段、藤井聡太王位に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです