メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
口臭外来で、大場俊彦院長(左)の診察を受ける女性=東京都中央区の慶友銀座クリニックで6月中旬、大沢瑞季撮影

 口が臭い人の割合は女性が男性の約2倍--。こんな調査結果が最近公表され、話題を呼んでいる。口臭の原因として女性ホルモンのほか、スマートフォンも問題視されている。口臭を巡る最新事情とその対策とは。

 ●女性ホルモン影響

 「閉経が近くなった50代から、自分の口臭が気になって……」。東京都江戸川区に住む、美容サロン経営の女性(58)は、6月中旬に慶友銀座クリニック(東京都中央区)の口臭外来を受診した。更年期になって唾液が少なくなり、食べ物を飲み込みにくかったり、口が乾くのを感じたりするようになった。「お客様と身近に接する仕事をしているので、口臭は死活問題」と不安を隠せない。

 同クリニックの口臭外来には1日に約15人が訪れるが、約6割を女性が占める。口臭の原因について、大場…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1419文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです