メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師不足

人口減に拍車 「田舎で老後 送れない」 病院縮小、地域医療に悪循環

夜間や休日の救急患者受け入れを停止した「なめがた地域医療センター」=茨城県行方市で6月7日

 医師が過疎地から相次いで去り、地域の人口減少に拍車をかけているとの指摘が出ている。病院までの距離が遠くなり、交通手段も確保できなければ、その地域に住み続けられるだろうか。人口減少が深刻となる中、どう乗り切ればいいのか。【熊谷豪】

 農業県で知られる茨城県。行方市は霞ケ浦と北浦の二つの湖に囲まれた人口3万3000人ほどの自治体だ。地域医療の拠点である「なめがた地域医療センター」の5階建ての建物は、広大な田んぼの真ん中にそびえ立つ。だが、近くに住む女性(76)が、夫のがん闘病の「伴走者」に選択したのはここではなかった。

 選んだのは、車で約1時間も離れた土浦市の中心部にある病院だ。県南部の中核都市で、人口は行方市の約4倍。医療圏も異なるが、会社務めの長男(45)の自宅や勤務先が近く、「何かあった時に頼れる」と考えた。

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです