メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

診察室以外にも支援の場=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「どうしても生きたいんです。リスクがあってもいいから、抗がん剤を投与してもらえないでしょうか」。当院で開催している膵(すい)がん教室でのある出来事です。

 医師が言葉につまる中、他の患者さんが「先生だって何とかしてがんを治したいんだよ。でも、がんに完全には勝てない時があるんだよ。がんの診断を受けて生活が一変したことは、とてつもなく悔しい。でもこの人生、引き受けていかなきゃ。僕はそう思っているよ。悔しいよな」と声をかけてくださいました。

 2014年、がん診療連携拠点病院でのがん相談支援センターの業務の一つに、医療従事者と患者会が共同して患者サロン開催を行うなど、患者活動への支援が位置づけられました。現在、各地のがん拠点病院で、がん体験者やその家族との交流の場や、患者さん向け教室の開催が増えています。

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点 衆院予算委 野党「景気重点」やり玉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/1 料理の味は思い出とともに

  5. 視聴室 美女と焼肉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです