メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしとつなぐ

診察室以外にも支援の場=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「どうしても生きたいんです。リスクがあってもいいから、抗がん剤を投与してもらえないでしょうか」。当院で開催している膵(すい)がん教室でのある出来事です。

 医師が言葉につまる中、他の患者さんが「先生だって何とかしてがんを治したいんだよ。でも、がんに完全には勝てない時があるんだよ。がんの診断を受けて生活が一変したことは、とてつもなく悔しい。でもこの人生、引き受けていかなきゃ。僕はそう思っているよ。悔しいよな」と声をかけてくださいました。

 2014年、がん診療連携拠点病院でのがん相談支援センターの業務の一つに、医療従事者と患者会が共同し…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1082文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです