メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

Passion スケートボード 2人の天才、再び同じ道

ムラサキスポーツによるスケートボードのパフォーマンスショーで会場を沸かせる堀米=玉城達郎撮影

 2020年東京五輪で初採用されるスケートボードの日本勢で、注目される同世代の2人がいる。ストリートの世界最高峰のプロツアー「ストリートリーグ(SLS)」で昨年、3連勝した堀米雄斗(20)=XFLAG=と、スノーボード男子ハーフパイプで冬季五輪2大会連続銀メダルを獲得し、今度はスケートボードのパークで五輪出場を目指す平野歩夢(20)=木下グループ。両種目の五輪代表は男女各最大3枠で、国内外の大会結果を基に来年6月までに代表が決まる。小学生の頃のライバルで違う道を歩んできた2人が再び同じ世界に顔をそろえることになった。【田原和宏】

 09年5月、神奈川県藤沢市の鵠沼海浜公園スケートパークで開催された国内大会「エレメントカップ」。アマチュアクラスで1、2位を独占した10歳の少年2人の姿は鮮烈だった。当時を知る競技関係者は「どちらも普通の小学生と違った。雄斗は人をまねるのではなく、自分から人と違う技、誰もできないような技に挑んでいた。歩夢はたたずまいが違った。小学生ながら近寄りがたいオーラがあった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り2208文字(全文2666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです