メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
テニス

ウィンブルドン選手権 ジョコビッチ、辛抱強くV

 最終日は14日、男子シングルス決勝は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)に7-6、1-6、7-6、4-6、13-12で競り勝ち、2年連続5回目の優勝を飾った。

 ジョコビッチは辛抱強かった。「落ち着いて返すことに集中した」。今大会最長となる4時間57分のロングマッチでライバルを振り切った。最終セットのタイブレーク。ストローク戦になってもコースを突き的確に返球し相手の打ち損じを誘った。全体を通したポイントもフェデラーの218に、ジョコビッチは204と少ない。裏を返せば、競り合いのゲームで我慢強く戦い、勝負どころを取り切…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文719文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです