メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 高飛び込み 荒井、東京五輪内定へ

チームTR決勝で演技する日本の選手たち=宮武祐希撮影

 水泳世界選手権は第5日の16日、韓国・光州などで行われ、女子高飛び込み準決勝で、18歳の荒井祭里(JSS宝塚)が312・45点の10位で上位12人による17日の決勝に進出し、来年の東京五輪代表に事実上、内定した。15歳の金戸凜(セントラルスポーツ)は285・05点の17位で、今大会での五輪代表入りを逃した。

 荒井は決勝に出場すれば、国際水泳連盟が上位12人に与える国・地域別出場枠を獲得する。日本水泳連盟は出場枠を獲得した選手を代表に内定すると決めている。

この記事は有料記事です。

残り1650文字(全文1880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです