メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語る・つなぐ

阪神大震災25年/1 室崎益輝 兵庫県立大大学院・減災復興政策研究科長

 阪神大震災は来年1月で25年が経過する。この間、災害対策はどう進み、どんな課題が浮かび上がったのか。また、今後の巨大災害にいかに備えるべきか。各分野の専門家らに聞くシリーズの1回目は、震災前から兵庫県と神戸市の防災計画作成に携わった同県立大大学院減災復興政策研究科の室崎益輝(よしてる)科長を訪ねた。【聞き手・渡辺諒】

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです