メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウナギ

シラスウナギ漁獲量最低 養殖ピンチ

シラスウナギ。体長は5~6センチ=水産研究・教育機構提供

 ニホンウナギの養殖に不可欠な稚魚のシラスウナギ(体長5~6センチ)、水産研究・教育機構提供=の今期(昨年12月から今年4月)国内漁獲量(採捕量)が3・7トンだったことが、水産庁の調べで判明した。統計が残っている1957年以来、最少となった。販売されているウナギのほとんどがシラスウナギを養殖したもので、自然保護団体などは保護の必要性を指摘している。

 国内のシラスウナギ漁は都道府県が許可を出し、12月~翌年4月ごろまで沿岸部で行われている。シラスウ…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文620文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです